二十四節気の京都
発売日
2017年09月08日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83850-2

二十四節気の京都
観る、知る、食べる、歩く

著者 柏井壽著 《小説家、エッセイスト》
主な著作 ぶらり京都しあわせ歩き』、『京都しあわせ食堂』(PHP研究所)
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 京都ほど四季折々の変化、美しさを楽しめる土地はない。二十四節気それぞれの草花、伝統行事、食材、観光スポットをたっぷり紹介する。

二十四節気とは、1年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割して24の期間に名前をつけたもの。「立春」「春分」「立夏」「大暑」「冬至」「大寒」……。日本人はこうして、日々の自然の変化を見つめつづけてきた。そして、四季の変化が豊かな日本のなかでも、京都ほど四季折々の美しさを味わい、楽しめる土地はない。京都人は、二十四の季節の変化に沿った年中行事や風習とともに、風雅な暮らしを楽しむ工夫や知恵をこらしてきたのである。

 本書は、二十四節気ごとにその季節の意味合い、どこが見頃か(伝統行事、祭り、寺社仏閣などの観光スポット)、何を食べるか(食材、和菓子)、その時季に歩きたい道、訪ねるべき店と場所のなかから、特におすすめしたいものを、選りすぐって紹介する。京都旅の究極のガイドブックである。