[証言録]海軍反省会 11
発売日
2018年07月27日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-84084-0

[証言録]海軍反省会 11

著者 戸高一成編 《呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長》
主な著作 [証言録]海軍反省会 1~10』(PHP研究所)
税込価格 9,936円(本体価格9,200円)
内容 第113回から最終記録131回までを一挙収録。最終巻ならではの秘話満載。全巻対象の索引付き。

2009年夏の刊行開始から10年、この11巻をもって『[証言録]海軍反省会』は完結である。最終11巻には113回から131回までの録音が残された17回分を収録した。統帥権問題、特攻、5・15事件などの論議の後、丁度、「文藝春秋」が平成2年12月号に掲載した、「昭和天皇独白録」が話題を読んだことから、反省会のメンバーも大いに興味を抱き、3回にわたってその真偽を含めた厳密な論議を展開している。また、巻末には、全巻の総目次と、総索引を掲載した。特に総索引は、約5000項目98ページに及ぶものであり、読者の役に立つであろう。残された400時間分にわたる録音の活字化は、多くの回に裏方として参加し、発言者の声を聞き分けられる唯一の人物である編者なくしては成らなかった。貴重な記録が残された記念すべき一冊である。