月刊PHP
発売日
2008年2月9日
税込価格
195円
(本体価格181円)
在 庫
品切れ
バックナンバー

月刊PHP 2008年3月号
特集:不安のしずめ方ーあって、当たり前 少しラクになるヒント

今月号の読みどころ

未来を見つめれば、そこにあるのは期待、そして不安。でも、 まずは一歩踏み出してみませんか?
『PHP』2008年3月号では、海洋冒険家の白石康次郎さん、キャスターの笛吹雅子さんへのインタビューをはじめ、漫画家の細川貂々さんほかのエッセイで、「不安をしずめる方法」について考えます。また、好評企画「今を生きる」には、和田アキ子さんが登場。人を大事にするがゆえの「叱り方」について語ります。ぜひご一 読ください。

【今を生きる】和田アキ子さん

今月号の目次


啓蟄
吉沢深雪

笑顔
唐木孝治
1p
空中散歩・源氏千年の都
「平安神宮」
本城直季
2p
海の色いろ探検
青 バハマ・ドルフィンサイトにて
鍵井靖章
4p
ミステリアス動物図鑑 戦え絶滅動物
オーロックス
宮川アジュ
6p
小さいHAPPYみいつけた
新芽
喜多村素子
8p
路面電車の走る街
東京
小松健一
9p
若者たちの挑戦
菊池翔さん(南部鉄瓶「鉉」職人見習い)
取材・文 岡本紋弥
14p
生きる
井の中の蛙、空の高さを知る
橋本貴子
20p
特集:不安のしずめ方ーあって、当たり前 少しラクになるヒント
現実を直視して
白石康次郎
24p
不安は、温める
笛吹雅子
28p
正体見たり枯尾花
下重暁子
32p
マイナス思考クイーンだった私
細川貂々
35p
不安は、うまく飼いならそう
森 毅
38p
【専門家アドバイス】不安から抜け出すヒント
加藤諦三
42p



今を生きる わたしの見方・考え方
叱ってくれる人がいてくれたから
和田アキ子
46p
特別企画:疲れ・ストレスを吹き飛ばす!
中野東禅
52p
あしたのニュース
【2009年】裁判員制度はじまる
加賀谷貢樹
60p
松下幸之助の歩んだ道・学んだこと
製法を従業員に公開ー人間は信頼に値する
谷口全平
62p
児玉清の読書は最高!
弱い人間がハードルを乗り越えていく痛快さ
ゲスト・真保裕一
65p
知っておきたい 四季のしきたり
第三回 桃の節供
近藤雅樹
70p
いのちを養うスープ
鶏のすっぽん仕立て
辰巳芳子
72p
ごろ寝ヨガで体すっきり!
腰の疲れをとる
深堀真由美
74p
「インド式算術」で数と友達になろう!
100に近い数同士の掛け算
桜井 進
76p
へこたれない
やりたいことがあるってすばらしい
鎌田 實
78p
ヒューマン・ドキュメント
ふつうのお母さんだからこそー中嶋悦子さん
取材・文 内海準二
81p
心に残る父のこと 母のこと
羊と兎
赤瀬川原平
90p
星のささやき
鏡リュウジ
92p
こころのものがたり
ステージ
小池昌代
94p
こころにひびくことば
本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき
大谷光真

PHP誌とは

『PHP』誌は、PHPの考え方を広く世に伝えるための、いわば機関誌であり、PHP研究所設立とともに創刊されました。『PHP』では、人間とは何か、真に豊かな人生とは何か、幸福とは何か、といった、いつの時代にも変わらぬ人類普遍のテーマである「生き方」について、様々な角度からとりあげています。多くの方々の体験にもとづく貴重な意見・提言をもとに、物の見方・考え方についてのヒントを小・中学生からお年寄りまで多くの読者とともに考える広場になっています。