「PHPゼミナール開講40周年感謝の会」開催


1977年に開講いたしましたPHPゼミナールは、人間力豊かな人づくりに取り組み続け、おかげさまで本年40周年を迎えました。

それを記念し、お世話になったお客様や関係者をお招きし、8月25日、東京・明治記念館にて「PHPゼミナール開講40周年感謝の会」を開催いたしました。その際に、これまでの「40年の歩み」について、以下のようにご紹介いたしました。

 

PHPゼミナール.png

 

1977年 PHPゼミナール開講(松下グループ向け)

今から40年前、PHP研究所の幹部社員が、ゼミナールの構想を松下幸之助に提言したところ、意外にも、「まず、松下電器(現・パナソニックグループ)の幹部から始めて欲しい」、という指示がありました。そこで、第一回のPHPゼミナールは松下電器の幹部研修としてスタートしました。

 

phpseminar1.jpg

▲第一回ゼミナールの様子

 
phpseminar2.jpg

▲第一回PHPゼミナールのスケジュールは手書きでした

 

1978年 一般向けゼミナール開講

第一回開講の翌年、一般企業の経営者を対象とした「PHP経営道コース」を開催しました。講師や異業種の参加者との討議のなかから経営者のあり方を探求し、経営の基本と原理原則を自得していただく本コースは、現在まで連綿と受け継がれています。

他のコースも加えた「PHP公開セミナー」としては現在までに1万社以上にご採用いただき、約25万名以上のご受講者をお迎えしています。

 

phpseminar3.jpg

▲経営道コース 懇談の様子

 

1981年  海外ゼミナール 開講

シンガポールやアメリカの日系企業を対象に、海外でのゼミナールを開講しました。

 

1989年~90年 ソビエト連邦特別ゼミナール

ペレストロイカ当時のソビエト連邦にて、PHP特別ゼミナール「松下幸之助研究講座」を開催しました。松下幸之助が実践から得た経営理念は、お国柄が違えども驚きと称賛をもって受け入れられました。

 

phpseminar4.jpg

 

1999年 コーチング実践コース 開講

「コーチング」の考え方が日本に紹介されつつあったこの年に、業界ではいち早く公開セミナーを開講、2001年には6カ月間の長期講座「PHPビジネスコーチ養成講座」を開講しました。

PHP研究所では、人間(部下)に対する考え方・姿勢の変革にこそコーチングの最大の意義があるととらえています。すなわち、コーチングをまず哲学(人間観)としてとらえ、その実現方法としてスキルを位置付けています。松下幸之助の考え方はコーチングに通ずるところがきわめて多く、研修コースのなかに事例としてこれらを取り入れていることも大きな特徴です。人間観をベースとしつつ、ビジネスに活かせる実践的な内容が評価され、「コーチングならPHP」という評判をいただけるまでになりました。

 

phpseminar.png

 

2003~2006年 PHPコーチングカンファレンス 開催

2000年代前半、コーチングがブームになると同時に、コーチの質が問われるようになりました。企業においてコーチングが真価を発揮し、本来の目的である組織の活性化、企業価値の向上を実現するためには、何がポイントになるのか――各界著名人をお招きして皆様と考え合うカンファレンスを開催しました。

 

phpseminar6.jpg

 

2007~2008年 PHP人材開発カンファレンス開催

人材開発に携わる実務家をお招きしたイベントでは、毎年、アップトゥデートなテーマを設けて課題解決のヒントを議論し合いました。

 

phpseminar7.jpg

▲講師の金井壽宏氏(神戸大学大学院教授)と藤巻幸大氏(故人、元参議院議員)

 

phpseminar8.jpg

▲基調講演でご登壇の稲盛和夫氏(京セラ特別顧問)

 

2011年 松下幸之助経営塾 開講

この年、PHP研究所が70年にわたり研究を重ねた松下幸之助の経営哲学の真髄を、講義・映像とディスカッションなどを通じ、1年間かけて体系的・網羅的に学ぶ経営セミナー「松下幸之助経営塾」を開講しました。以来、15期の開催を重ね、卒塾された200名近くの皆様が、経営者としての志を高め、経営を伸ばすための「同志会」では、定期的に研修・交流会を開催しています。

 

2012年 公開セミナー 全面リニューアル

時代の要請を鑑みて改善工夫を重ねてきたPHPゼミナールですが、この年、内容を一新し、より多くの企業様にお役立ていただけるようになりました。

 

2017年 「5つの原則」「フィードバック」開講 PHPゼミナール40周年特別企画として、講師派遣型プログラム「松下幸之助に学ぶ5つの原則」と、中原淳氏(東京大学 准教授)との共同開発となる「フィードバック」セミナーをスタートさせました。

 

phpseminar10.png  phpseminar11.png

 


 

人間には、無限の可能性があります。

そして、その可能性は、自ら気づき、考え、やりぬくことで初めて開花するものです。

「何のために働くのか」「どのように生きるのか」といった根源的な問いに向き合う人間教育で、一人ひとりの可能性をひらきます。

 

気づく、考える、やりぬく、そして変わる

 

PHPゼミナールは、40年間、ビジネスパーソンの「あり方」(ものの見方・考え方、生き方)に焦点を当てたプログラムを提供してまいりました。

 

これからも、「人間教育」にこだわった研修のご提供を続けてまいります。

 

PHPゼミナールの詳細・お問い合わせはこちら