月刊PHP
発売日
2014年3月10日
税込価格
205円
(本体価格190円)
在 庫
品切れ
バックナンバー

月刊PHP 2014年4月号
大切にしたい おもてなしの心

今月号の読みどころ

相手を心地よくさせることで自分も嬉しくなるという「おもてなしの心」。その大切な心を、今一度、思いおこし身につけたいものです。2014年4月号では、華道「未生流笹岡」家元・笹岡隆甫さんのインタビューをはじめ、イラストレーター・エッセイストのこぐれひでこさん他のエッセイで、「身近な人間関係で心がけたい相手への気配りや配慮」について考えます。特別企画では、「私の挑戦」を読者手記で紹介。ぜひ、ご一読ください。

今月号の目次

笑顔見つけた
水谷孝次
1p
水のいろどり
花絵巻
米美知子
2p
金子みすゞのまなざし
空と海

4p
親子で楽しむ造形あそび
はがきのリサイクルブロック
スマイルワークス
6p
おしゃべり動物園
プレーリードッグ
たちばなれんじ
8p
生きる
K君が教えてくれたこと
北澤 敏
12p
大切にしたい おもてなしの心
かすみ草のように
笹岡隆甫
16p
三分の余白の力
木村宗慎
21p
相手を思う気持ちに裏表なし
柿原まゆみ
24p
大草原で感じた気配り
デビット・ゾペティ
27p
同じ時間を過ごす喜び
こぐれひでこ
30p
他者をもてなす心
金井良太
33p



心に残る、父のこと母のこと
母は二人です
内田麟太郎
38p
明日への思い
人生は起承転々
童門冬二
41p



【特別企画】読者手記 私の挑戦

48p



ヒューマン・ドキュメント
自然の中に学びがある
田中正人
56p
心に効く話 
クリンクランと鳴る ほか
轡田隆史
64p
小川仁志の哲学カフェ
学ぶとはどういうことか?
小川仁志
66p
茶の間のサイエンス
地震予知は可能なのか?
鎌田浩毅
68p
土屋教授のオタスケ!人生相談
土屋賢二
70p
アタマの腕試し
ニコリ
72p
魂の筆跡

金澤翔子・泰子
73p
いいトコ再発見
世界遺産の鉄道旅 第1回 セメリング鉄道
櫻井 寛
74p
京都、日々是いいかげん
いくつになっても花は咲く
麻生圭子
78p
投稿募集のお知らせ

81p
東北レポート 復興への道をひらく
地域の資源を生かして新ブランドを

82p
談話室

84p
私の『PHP』活用法

89p
ダジャレ工房

90p
ひと☆コト星占い
鏡リュウジ
91p
大人になるキミたちへ伝えたいこと
メッセージを送る重さ
イマニー
92p
PHP友の会インフォメーション

94p
私の信条
人間力が育まれる教育
名城政一郎
98p
読みきり小説
四月の雪
瀧森古都
102p
松下幸之助の歩んだ道・学んだこと
「科学と工業の先覚者」の銅像を建てる―次代の人たちへの”道しるべ”に
佐藤悌二郎
110p
こころにひびくことば
やめたいなら、やめてもいい。……
高嶋ちさ子

PHP誌とは

『PHP』誌は、PHPの考え方を広く世に伝えるための、いわば機関誌であり、PHP研究所設立とともに創刊されました。『PHP』では、人間とは何か、真に豊かな人生とは何か、幸福とは何か、といった、いつの時代にも変わらぬ人類普遍のテーマである「生き方」について、様々な角度からとりあげています。多くの方々の体験にもとづく貴重な意見・提言をもとに、物の見方・考え方についてのヒントを小・中学生からお年寄りまで多くの読者とともに考える広場になっています。