歴史街道
発売日
2008年3月6日
税込価格
628円
(本体価格571円)
在 庫
品切れ
バックナンバー

歴史街道 2008年4月号

今月号の読みどころ

「関東に理想郷を築く」。その志を胸に戦国乱世に挑み、武田信玄、上杉謙信を退けた男がいました。小田原北条氏の3代、北条氏康です。合戦となれば8万5千の敵を僅か8千で粉砕した河越夜戦をはじめ、信玄・謙信と互角に渡り合う名将ぶりを発揮する一方、税を四公六民にするなど民を慈しみ、善政を布きました。祖父早雲、父氏綱の「関東独立国家」構想を継承し、京を目指した武将たちとは異なる、氏康の価値観を描きます。第2特集は「昭和陸軍のインテリジェンス」です。

公式サイト
今月号の目次
氏康の二つの景色
黒鉄ヒロシ

この人に会いたい vol.15
木村佳乃




【総力特集】信玄、謙信が恐れた男 関東の覇者・北条氏康
総論
戦国乱世の関東に「理想郷」を築こうとした男
小和田哲男

ビジュアル1
関東の覇者へ! 運命の川越夜戦


ビジュアル2
関八州を睨む戦国最大の城・小田原城


「義を専らに守るべし」祖父早雲、父氏綱から受け継いだ思い
八尋舜右

コラム1
「臆病者」と嘲笑された少年時代


ビジュアル3
北条五代、百年王国への軌跡


奇襲、河越城! 八万五千の敵を八千で粉砕した会心の夜戦
永岡慶之介

コラム2
義に背くものを許さず


民を慈しみ、家臣団を見事に統制した政治手腕の冴え
楠戸義昭

ビジュアル4
信玄と謙信、戦国最強武将との死闘


越後の虎来襲! 十万の軍勢に小田原城は微塵も揺るがず
秋月達郎

コラム3
天道に照らして恥じるところなし


里見との対決! 国府台を風魔が奔り、地黄八幡の旗がゆく
海道龍一朗

コラム4
後継者氏政に伝えたかったこと


ビジュアル5
鉄壁の守りを誇った巨大支城ネットワーク


三ツ鱗のもとで戦った一族、家臣たち


「勝利はわが掌中にあり」名将信玄を挟撃した最後の采配
工藤章興




谷沢永一の「日本史ヤミ鍋」
八十 紫式部の生きた時代の条件
谷沢永一

桜伝説 銘木に秘められた物語


[グラフィティ]にっぽんの剣豪
79 森下権平
本山賢司

【特集】昭和陸軍のインテリジェンス
米国の外交暗号を悉く解読! 英独を凌ぐ驚愕の情報能力とは
小谷賢

アジア解放のために! 中野学校が育んだ「誠」の秘密戦士たち
岡田幹彦

ビジュアル
世界を震撼させた「特務機関」


インド国民軍創設! 英国からの独立を支援した「F機関」
松田十刻

コラム
陸軍中野学校の謀略の数々


大和ミュージアム館長が語る日本海軍士官の証言
第三回 藤田怡与蔵 常に最前線で戦った士官搭乗員
戸高一成

連載小説 利休にたずねよ
第二十二回 紹オウの招き
山本兼一

「歴史街道」伝言板


BOOKS・CINEMA


この著者に注目!
中路啓太


日本を変えた古代史10大事件
第六回 聖徳太子はなぜ、「聖者」とされたのか
関裕二

スターリンが震えた日 バルバロッサ作戦秘話〈前篇〉
吉田一彦

歴史街道クイズ 「戦国検定!」


中島九一式戦闘機、ただいま復元中!


歴史街道・ロマンへの扉
京都・北野
鶴田純也

江戸のスイーツを食べ歩く
第三回 向島・長命寺桜もち 桜餅
岸朝子(選) 逢坂剛(筆)

日本ふるさと紀行 城下町を訪ねて
第二回 茨城県桜川市・真壁
中塚裕(写真)七森武倫(文)

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。