歴史街道
発売日
2012年10月6日
税込価格
660円
(本体価格600円)
在 庫
品切れ
バックナンバー

歴史街道 2012年11月号

今月号の読みどころ

「日本軍に零戦に代わる新型戦闘機現わる!」。昭和20年(1945)3月19日、呉方面攻撃に向かう米空母群の艦載機は、果敢に迎撃してきた日本軍戦闘機隊に蹴散らされ、慌てふためきました。20ミリ機銃四挺の破壊力と、二千馬力のエンジンを持つ最新鋭戦闘機、紫電改。そして操縦するのは、激戦を潜り抜けてきたエースパイロット。彼らこそが日本海軍の切り札・第三四三航空隊「剣」でした。「本土の空は俺たちが守る。日本海軍戦闘機隊をなめるなよ!」。源田実司令のもと、終戦まで壮絶な戦いを続け、米軍に「あんな勇敢なパイロットたちはいない。全く侮れない」と言わしめた、若き搭乗員たちの不屈の魂を、元搭乗員へのインタビューも交えて描きます。第二特集は「忍びの秘術」です。

公式サイト
今月号の目次
戦争箱の中の紫電改
黒鉄ヒロシ
3p
この人に会いたい
vol.70
水川あさみ
7p



【総力特集】紫電改と三四三航空隊「剣」 死闘に挑んだエースたち
巻頭インタビュー
元紫電改搭乗員が語る、三四三空「剣」かく戦えり
笠井智一
14p
ビジュアル1
新選組隊長、グラマンを斬る!

20p
ビジュアル2
鴛淵孝の愛機、局地戦闘機・紫電改

22p
ビジュアル3
敵大編隊を痛撃! 「剣」部隊の初陣

24p
史上最強の戦闘機隊を創設! 源田実の合理的発想と真のねらい
戸高一成
26p
コラム1
編隊空戦のフォーメーション

31p
誉発動機、二〇ミリ機銃四挺、自動空戦フラップ…傑作機現わる
三野正洋
32p
コラム2
アメリカも認めた紫電改の実力

37p
鴛淵と西澤、林と本田…ともに死線を潜ったラバウルの海鷲たち
松田十刻
38p
コラム3
猛者たちを魅了した二人の青年隊長

43p
俺が代わっていれば…ともに心に傷を持つ闘将と撃墜王の出会い
稲生達朗
44p
年表・「剣」部隊、激闘の軌跡

49p
最強三四三空の歴戦搭乗員たち

50p
ビジュアル4
栄えある我らが飛行隊…「剣」四隊の隊歌

54p
「全機突撃!」精鋭揃いの三四三空、初陣で敵大編隊に襲いかかる
高橋文彦
56p
戦闘三〇一、喜界島上空の大乱戦と杉田兵曹が教えてくれたこと
笠井智一
62p
ビジュアル5
大空の新選組! 三〇一飛行隊の勇姿

66p
「一機でも多く墜とす!」次々と斃れても、最後まで戦いをやめず
秋月達郎
68p



【特集】忍びの秘術 知られざる技と知恵
なぜ、超人的な活動ができたのか
川上仁一
78p
変幻自在、意表をつく秘技の数々
其ノ一 何処にでも忍び込む
監修:川上仁一、黒井宏光
80p
変幻自在、意表をつく秘技の数々
其ノ二 遠近を問わず敵を倒す
監修:川上仁一、黒井宏光
82p
変幻自在、意表をつく秘技の数々
其ノ三 煙の如く消える
監修:川上仁一、黒井宏光
84p
変幻自在、意表をつく秘技の数々
其ノ四 決して忘れず、悟られず
監修:川上仁一、黒井宏光
86p
変幻自在、意表をつく秘技の数々
其ノ五 苛酷な環境で生き延びる
監修:川上仁一、黒井宏光
87p
修行と秘伝とは、どんなものか
川上仁一
88p
伊賀、甲賀の「忍び」列伝

90p



アメリカを売った男 ―「二重スパイ」エイムズの暗躍
第1回 米ソ諜報戦とある亡命
吉田一彦
94p
[連載小説]真田昌幸 連戦記
第33回 我、六道を懼れず
海道龍一朗
100p
「歴史街道」伝言板

110p
BOOKS・DVD

112p
この著者に注目!
永井紗耶子

114p
嶋左近は二人いた? 謎多き武将の真実
坂本雅央
116p
きまぐれ探検 昭和なスケッチ
第30回 新井薬師界隈
本山賢司
122p
秋の夜長に観たい とっておきの「時代劇」15選
春日太一
126p
歴史街道クイズ 「戦国検定!」

132p
歴史街道・ロマンへの扉
姫路城
鶴田純也
134p
江戸の料理再現づくし
第3回 あんかけ豆腐・けんちん汁
向笠千恵子 料理再現・福田浩
136p
続・自転車紀行 シルクロードをゆく
第22回 テッサロニキからサラエボへ
長澤法隆(写真・文)
141p

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。