歴史街道
発売日
2018年1月6日
税込価格
693円
(本体価格630円)
在 庫
在庫あり
バックナンバー

歴史街道 2018年2月号

今月号の読みどころ

ちょうど150年前に成し遂げられた、明治維新。その立役者の1人で、今なお多くの日本人に愛されているのが、西郷隆盛です。西郷に関しては、これまで、様々な小説やドラマで描かれてきました。その人物像について、とりわけ注目すべきが、生涯で実に多くの人物と関わり、絆で結ばれていたことでしょう。強い影響を受けた主君・島津斉彬。盟友であり、維新後に袂を分かつ大久保利通。心を通わせて、ともに江戸城無血開城への道筋をつくった勝海舟。桐野利秋ら、まさに命を預けるほどに西郷を慕った男たち。そして、波乱に満ちた生涯を支えた女性たち。志、覚悟、行動力、人間力――。そうした様々な要素を備えていたからこそ、誰もが西郷に惹かれました。愛された西郷の生き方から、物事を為すうえで何が必要なのかを描く特集といたします。特集2は、井伊直政や本多忠勝をはじめとした「徳川四天王」、特別企画は「武士の本分‐藤沢周平作品が語りかけるもの」です。

公式サイト
今月号の目次
西郷さんのたくさんの顔
黒鉄ヒロシ
3p
この人に会いたい
vol.133
鈴木亮平
7p
特集1 西郷隆盛 「愛される男」の生き方
総論 
主君と故郷への想いを胸に、「日本ファースト」を体現した男
童門冬二
14p
ビジュアル1
ひと目でわかる「西郷の人間関係図」

20p
インタビュー
大河ドラマ「西郷どん」の世界
瑛太・黒木 華・中園ミホ・櫻井 賢
22p
島津斉彬・藤田東湖・橋本左内 その人生は、三人の先達によって切り拓かれた
長尾 剛
24p
維新の活躍の背後で、三人の妻たちは…
楠戸義昭
28p
勝海舟との強い絆が、江戸無血開城を実現した
誉田龍一
34p
【特別インタビュー】
時代を変革するには欠かせない“ジョーカー”だった
神田昌典
39p
大久保利通との確執――なぜ、袂を分かったのか
伊東 潤
42p
コラム
愛される理由がわかるエピソード

47p
ビジュアル2
西南戦争関連マップ

48p
「勝ち目のない戦い」で男たちが追いかけたもの ◎西南戦争
高橋直樹
50p
生き方・考え方がわかる西郷の言葉6
齋藤孝
56p
【特別インタビュー】
世界史レベルで「革命家」の資質を持っていた
佐藤賢一
60p
薩摩のキーパーソン・有村俊斎とは?
高橋光臣
64p



年間購読のご案内

67p
牧野忠成、河井継之助、小林虎三郎、山本五十六… 「負けじ魂」を貫いた長岡の四百年
江宮隆之
69p
「動物」と「歴史」の意外な関係
第三回 馬(後編)
菅井友香 本村凌二
74p
特集2 井伊直政・酒井忠次・榊原康政・本多忠勝 徳川四天王 家康が「宝」と誇った男たち
【小牧・長久手】
百戦錬磨の両将が、秀吉の野望を阻んだ ◆酒井忠次と榊原康政
鈴木英治
82p
【関ケ原】
家康を天下人にした両雄の選択 ◆本多忠勝と井伊直政
吉川永青
88p
【年表】
徳川四天王のあゆみ

94p



日本大空襲 「無差別戦略爆撃」の真実
最終回 広島、長崎への原爆投下
吉田一彦
96p
連載小説 果てなき図面 帝国ホテル建築物語
第14回 彫刻の章
植松三十里
102p
「歴史街道」伝言板

110p
BOOKS・CINEMA

112p
この著者に注目!
児玉博

114p
特別企画 武士の本分 ―藤沢周平作品が語りかけるもの
『?しぐれ』『秘太刀馬の骨』『用心棒日月抄』… 凜とした生き方を貫いた男たち
細谷正充
116p
特別企画 武士の本分 ―藤沢周平作品が語りかけるもの
『三屋清左衛門残日録』は、なぜ人気ドラマとなったのか
北大路欣也
122p
徳川家康、伊藤博文、尾崎紅葉らがこよなく愛した 世界に誇るべき温泉地「熱海」の意外な歴史
石川理夫
127p
歴史街道脇本陣

133p
歴史街道・ロマンへの扉
長壁神社
林 宏樹
136p
女子高生女優・北村優衣がゆく! 老舗の「味」と「歴史」を体験レポート
第11回 ラ ブラスリー

138p
次号予告!

142p
満州国の面影
第1回 旅の始まり
写真・文 鶴崎 燃
143p

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。