編集後記

★仕事柄全国ほとんどの地を訪れてはいますが、今号の藤城清治さんの影絵で紹介した横手のかまくら(4頁)は、まだ見ぬ風景です。素敵な作品に旅情をそそられました。毎号影絵版画をご希望の方に有償にて頒布します。詳しくは37頁を。(泰)
★「同じやるならイヤイヤやるより興味を持ってやるほうが、人生、得ですわ」。本間邦亮さん(56頁)の言葉は、人生のすべてに通じる名言だと思いました。二〇二一年、どんな新しいことに出会えるのか。私もまず自分が楽しむ姿勢を大切にしたいです。(桑)
★私の心を「前向き」にしてくれる言葉は、「緊張しなくなったら終わりだよ」。あがり症で、しどろもどろになることに悩んでいたとき、一緒にお仕事をした方からいただいた言葉です。緊張を感じたときにいつも思い出して、勇気をチャージしています。(伊)
★中村雅俊さん(41頁)が、今も携帯に保存されているというデビュー前のデモテープを聞かせてくださいました。当時大学生だった中村さんの朗々とした、深みのある歌声とギターが夕暮れの部屋に響き、とても贅沢な時間でした。素敵だな。(串)

心が「前向き」になる いい言葉

Pcover2102.jpg

つらいことやしんどいことがあったときに、本のなかの言葉や人からかけられた言葉、ふと目にした言葉......などに励まされたことは、誰しもあるのではないでしょうか。2021年2月新春号では、歌手の岩崎宏美さんのインタビューをはじめ、お笑い芸人・ジャルジャルの福徳秀介さんなどのエッセイで、言葉の持つ力について考えます。ぜひ、ご一読ください。