編集後記

★鉢植えの花を買い、包装の古新聞に載る名もなき人物に魅かれ、小誌にご登場いただいたことがあります。よく「こんな人、どこで探してきたの?」と問われますが、きっかけは様々です。もちろんあなたの情報もお待ちしています。(泰)
★「その変な動きは何?」。谷本道哉さん(38頁)に教わった「今でしょ! NEOポーズ」を一日に何度もやっていると、妻がぽつり。「姿勢がよくなるんだよ」「本当に?」と半信半疑でしたが、気づけば二人そろって「今でしょ!」とやっています。(桑)
★水谷かをりさん(56頁)の取材でうかがった母子世帯専用アパートの一室には、数々の美しい和食器が展示されていました。まさに、女性による女性のための素敵空間。おうちご飯も、綺麗なお皿に盛りつけるだけで気分があがりますよね。(水)
★「未来へつなぐ 京の技」(6頁)で、弓づくりの大詰めの現場へ。白い蒸気に包まれた三人の弓師の姿の神々しさに、息を殺し、鳥肌を立てながら立
ち尽くしました。この美しい技が、何百年間もここで、人の手で、守り受け継がれてきたのです。(伊)
★笑顔がとっても素敵だったガンバレルーヤのよしこさん(24頁)。帰り際、「今日はとても楽しかったです、次の現場も頑張れそう!」と言ってくださり、何てあたたかくて優しいお声がけだろうと胸に沁みました。すっかりファンです。(串)

Pcover2104.jpg

日々過ごしていると、予期せぬ苦難などに直面して、心が折れそうになることがあります。心を強く持てる人には、何か習慣や心がけていることがあるのでしょうか。2021年4月号では、ニュースキャスターの辛坊治郎さんのインタビューをはじめ、Travis Japanの川島如恵留さんなどのエッセイで、心を強く持つヒントについて考えます。ぜひ、ご一読ください。