編集後記

★4月号にご登場の川島如恵留さんのファンの方から、多くのお礼状を頂戴しました。「掲載ありがとう」と記す文面の熱さは、川島さんが応援者を大事にされるからこそでしょうか。小誌もさらに読者思いでいようと背筋が伸びました。(泰)
★「今ある人生は過去の思考の産物であり、明日の人生は今考えていることで決まる」。いつ、どこで出合ったのかも覚えていませんが、ふとしたときに心に浮かび励まされてきた言葉です。あなたのとっておきの言葉は何ですか? 教えてください!(桑)
★小学5年生のとき、学習塾をサボって、母と、葉加瀬太郎さん(16頁)のコンサートに行きました。まるで遊園地のような、ワクワクする演奏と演出を、今でも覚えています。19年越しに、ご本人に直接感動を伝えることができました。(水)
★貴島彩理さん(24頁)に「おっさんずラブ」制作秘話を伺い、大興奮の私。いつも次回が待ち遠しく、放送日はソワソワするほどドラマに恋していました。そして、そのときめきが日々の励ましでした。「おっさんずラブ」の皆様に心から感謝です。(伊)
★「僕って何でもおもしろいと思えるラッキーボーイなんです」と笑ってお話しされていた真田ナオキさん(21頁)は、爽やかな緑風のような方でした。何事も突き放さず、おもしろいと受け入れる心の広さが爽やかさの源なのかも......尊敬です。(串)

大丈夫、なんとかなる! 自分を励ますいい言葉

Pcover2107.jpg

日々の生活のなかで、悩んだり、落ち込んだりしたとき、ふと目にした言葉に励まされることがあります。2021年7月号では、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さん、作家の唯川 恵さんなどにご登場いただき、自分を励ますいい言葉、言葉の持つ力について考えます。ぜひ、ご一読ください。