歴史街道
発売日
2009年1月6日
税込価格
660円
(本体価格600円)
在 庫
品切れ
バックナンバー

歴史街道 2009年2月号

今月号の読みどころ

「私利私欲を満たすばかりの生き方でよいはずがない。乱世にあっても、正々堂々と生きる術はあるはずだ」。そうした思いから越後の上杉謙信は、人としての信義を重んじる「義」を掲げ、戦国の世に「義」のための戦いを貫きました。その謙信の「義」を己の血肉としたのが、上杉家執政として上杉景勝を支えた、直江兼続です。天下人秀吉の死後、最大の実力者・徳川家康は天下を狙い、あろうことか上杉家に謀叛の濡れ衣を着せて挑発。その卑劣なやり口に景勝・兼続主従は決断します。「義のために、弓矢をもってお迎えいたす」。ひたすら利を求める濁世をよしとせず、義を天下に示した兼続の生き方を描く、大河ドラマ「天地人」連動企画です。第二特集は後藤新平・東京を創造(デザイン)した男です。

公式サイト
今月号の目次
愛義道
黒鉄ヒロシ
3p
この人に会いたいvol.25
内田有紀
7p
総力特集 謙信の「義」を継いだ男 直江兼続 「筋」を通して生きる
総論 「愛」の前立ての兜と「義」の心で、乱世に挑んだ男の魅力
火坂雅志
14p
ビジュアル1
 「毘」の旗の下に! 謙信率いる上杉軍団の版図

20p
ビジュアル2
 兼続を取り巻く上杉家の人々

22p
特別インタビュー
 葛藤する兼続とともに悩み、ともに成長したい
妻夫木聡
24p
毘沙門天の化身・上杉謙信より「必勝不敗の戦法」と「志」を受け継いで
花ヶ前盛明
26p
コラム1
 周囲の人々の横顔

31p
ビジュアル3
 「越後の龍」の牙城、春日山城

32p
「御跡目は景勝様に!」家中を二分する争乱を収めた智略の冴え
工藤章興
34p
コラム2
 上杉の重鎮・直江家を継ぐ

41p
織田軍団、三方より迫る! 絶体絶命の中で下した断腸の思いの決断
海道龍一郎
42p
コラム3
 寡黙ながら将器を備えた主君

47p
ビジュアル4
 四面楚歌! 天正十年、信長との死闘

48p
直江山城という男に惚れた…幸村、三成、慶次郎との運命の出会い
八尋舜右
50p
「弓矢をもってお迎え致す!」上杉の義を賭けた直江状、天下を揺るがす
永岡慶之助
56p
ビジュアル5
 決戦関ケ原!「義」の男たちかく戦えり

62p
脚本家とプロデューサーが語る NHK大河ドラマ「天地人」前半の楽しみ方
小松江里子 内藤愼介
64p
兼続を育んだ越後を歩く

68p
時の迷路―明治・大正・昭和篇
横丁の暮らし
香川元太郎
74p
特集 台湾、満洲、そして… 後藤新平 東京を創造した男
東京より住みやすく…台湾の習慣に合わせた民政事業
江宮隆之
78p
ビジュアル1
 欧州と肩を並べる都市へ! 長春建設

82p
広大無辺の満洲で挑んだ、世界を瞠目させる街づくり
秋月達郎
84p
ビジュアル2
 かくして首都はつくられた! 「東京都市計画図」

88p
「公園と道路をつくれ」震災を糧に東京を理想の都市へ
青山やすし
(字はにんべんに八に月)
90p
コラム
 「一に人、二に人、三に人」

96p
こんな意味が込められていた! お正月のしきたり

97p
太平洋戦争の天王山 ソロモンの死闘 指揮官たちの決断
第一回 殴り込みで圧勝! 第一次ソロモン海戦
三野正洋
102p
「歴史街道」伝言板

110p
BOOKS・CINEMA

112p
この著者に注目!
志水辰夫

114p
人物で語る日本近代史
第九回 児玉源太郎 前編 軍人の枠を越えた政治的手腕の冴え
中西輝政
116p
グラフィティ にっぽんの剣豪
89 千葉栄次郎
本山賢司
124p
世界遺産の旅 
ノルウェー・ベルゲンを訪ねて
中塚裕(写真) 西和久(文)
127p
歴史街道クイズ 「戦国検定!」

132p
歴史街道・ロマンへの扉
清荒神
鶴田純也
134p
江戸のスイーツを食べ歩く
第十三回 六本木・青野総本舗 豆大福
岸朝子(選) 逢坂剛(筆)
136p
大阪百景 摂河泉を紀行する 
第一回 大阪市(中心部)
登野城弘(写真)七森武倫(文)
141p

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。