セルフケアによるストレス対策

個人申込

受講料は株式会社キバンインターナショナルの決済システムでのお支払いとなります。
詳細はこちら

セルフケアによるストレス対策

●受講対象
全社員
●標準学習時間
2時間
●サービス期間
60日
●受講料
1,500円 +税

このeラーニングコースは、株式会社キバンインターナショナルとPHP研究所が共同でご提供するものです。
受講は同社の学習管理システム「SmartBrain」ですすめていただきます。
はじめてご利用の場合は、ユーザ登録(無料)が必要です。

特色
  1. 1)講師によるレクチャーとチャートによるわかりやすい解説動画により、短時間で学習ができます。
  2. 2)PCはもちろん、スマホ、タブレットでの学習が可能なので、隙間・細切れ時間を使って効率的に学べます。
学習のねらい メンタルヘルスのもっとも重要な取り組みの1つとして、セルフケアがあげられます。高ストレスからメンタルヘルス不調、そして心身の病気にならないためには、日々のストレスと向き合い、自分で自分をケアしていくことが大切になります。本講座では、セルフケアの基本的な考え方・取り組み方について、横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長である山本晴義氏が解説しています。
メニュー 1) 職場のメンタルヘルスが叫ばれている理由
2) ストレスとは何か
3) ストレス状態から出現する症状
4) 良いストレスと悪いストレス
5) 自分でできるリラクセーション法
6) 健康的なライフスタイル
7) 運動習慣と自覚症状
8) 自分なりのストレス解消法をもつ
9) 早期対処のためのメンタルヘルスチェックポイント
理解度テスト(20問)
講座収録時間(73分)
監修者紹介 山本晴義
横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
1948年東京生まれ、小田原、函館で育ち、1972年東北大学医学部卒業、岩手県立病院、東北大学付属病院、呉羽総合病院、梅田病院を経て、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より現職。2014年治療就労両立支援部長(兼)、神奈川産業保健総合支援センター相談員(兼)。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会評議員、日本産業精神保健学会理事、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員など。他に埼玉学園大学客員教授、文京学院大学講師などをつとめる。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。主な著書に『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『メンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(以上、新興医学出版)、『Dr山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数ある。