公開セミナー詳細
  •  
  •  

若手社員研修 仕事力アップコース

「知っている・わかっている」から「できる」へ

  • パンフレット

    パンフレット・お申込書をPDFデータでプリントアウトしていただけます。

研修のねらい

入社2~3年目を対象とした公開型の研修講座。若手社員の仕事力を高めるにはどうすればよいか。現状を打破し、自ら成長するための考え方や、コミュニケーションのスキルを学びあいます。

若手社員の課題

入社2年目、3年目ともなると、職場や仕事に慣れてくる反面、多少なりともマンネリ傾向が出てくるものです。ほんとうは、仕事の基礎スキルを固め、さらなる成長の土台をつくるべき大切な時期に、これでは本人にとっても会社にとってもマイナスです。

若手社員ともなれば、「知っている」「わかっている」ことが増え、自分で判断し行動する機会が増えます。しかし、「知っている」「わかっている」からといって成果があがるとはかぎりません。入社2~3年目の時期は、頭で理解している実務の基本を繰り返し、「できる」状態に高め、成果と成長を振り返ることで、仕事力を底上げすることが大切です。
本研修では、まず自身の「現状」を振り返り、業務遂行上の課題を認識してもらいます。
「あるべき姿」のギャップを認識することで、成長への意欲を高めます。

若手社員が仕事に向かうスタンス

ここで大切なことは「主体性」です。具体的には「他責思考」を「自責思考」に変えるとことです。職務権限が大きくない若手社員は、うまくいかないことを職場や上司、環境などのせいにしがちです。しかし、それでは進歩も成長も止まり、不安や不満がつのれば、早期離職にもつながりかねません。「責任はわれにあり」という「自責思考」にどうマインドチェンジするか。これこそが本研修の大きなテーマなのです。
そのうえで、周囲を動かす「提案」へとつなげる報連相やコミュニケーションのスキル、を演習しますので、2日間の研修終了後、仕事に対する自信と主体性が格段に高まります。

仕事へのスタンスを変える若手社員

若手社員の成長は、それを見て育つ新入社員の育成にも良い影響を与え、職場の活性化にもつながります。ぜひ貴社の若手社員教育にご活用ください。

開催日程・お申込

研修資料ダウンロード

公開セミナー聴講

舘野泰一監修「全員発揮のリーダーシップ」入門 若手社員研修

カリキュラム

本研修は、講師が一方的に答えを教えるのではなく、体験と相互ふりかえりを通じた「気づき」を重視する学習スタイルです。カリキュラムには、演習や教育ゲーム、討議、相互コメント等がふんだんに盛り込まれています。

◎3大特長
(1)受講生の学びに伴走する人間味あふれる講師陣
講師の問いかけが、若手社員に深い思考を促し、気づきをもたらします。松下幸之助の人材育成理念にもとづく肯定的なものの見方は、仕事への前向きな姿勢を確立させます。

(2)グループ演習や教育ゲームで体験的に学ぶスタイル
教育ゲームやグループ演習から、自ら学びとっていただく研修スタイルです。ここで得た自信が、職場での行動変容につながります。

(3)異業種交流演習で自覚と気づきを促す
若手社員の段階では、異業種交流の機会はなかなかありません。同じ立場の受講生と悩みを分かち合い、問題解決のヒントをみつけることで、視野が大きく広がっていきます。



【事前課題】
自己アセスメントシートの記入
※セミナー開催前に、担当窓口の方にお届けします。




〔1日目〕 (昼食休憩:45分)

9:30
●開講/アイスブレイク/オリエンテーション/グループ内自己紹介

●相互交流演習「私たちが抱える仕事上の問題・課題」
・現状のたな卸し
・自分の強み、弱みの把握

13:00
●討議と解説「若手社員の役割」
・若手社員に求められること
・主体的に考え、行動すること

若手社員研修風景

●解説と演習「成果を生み出す仕事力」
・人を惹きつけるビジネスマナー
・T-PDCAをきっちり回す/正確な報連相で信頼獲得
・ケーススタディ

17:30 1日目終了




〔2日目〕 (昼食休憩:45分)

9:30
●演習と解説「周囲を動かす巻き込み力」(教育ゲーム)
・チームワーク、コミュニケーションのポイント
・相手のタイプに応じたコミュニケーション

若手社員研修風景
若手社員が苦手とするコミュニケーションを学ぶ教育ゲームでは、ことばの限界やお互いの認識のズレを体験します。そこから、相手の立場に立つことの重要性に気づき、これまでのコミュニケーションのあり方について自身の課題を発見していただきます。


・仕事の意味の再確認
・仕事のやりがいをいかに高めるか
・主体性とは何か
・学びの整理と今後の目標設定と発表

17:30 閉講



◎研修後、ご活用企業様へお届けする資料
・受講アンケート
・担当講師からの全体所感




若手社員研修目標

問題意識をもって、自分で考えチャレンジするなど、積極性が高まる
「私にはできる」という自己肯定感が芽生え、最後までやり切ることへの意欲が高まる
イキイキ、キビキビ、ハキハキした行動に転換することで、周囲との関係が良好になる





開催日程・お申込

研修資料ダウンロード

公開セミナー聴講

担当講師

倉田きたみ

働くことの意味と目的をじっくり考える2日間にしていただきたいと思います。

<担当講師陣>吉田真知子 他

人事ご担当者様の声

顧客満足を実践する組織づくりと、それを支える人材を育てる土壌づくりをねらいとして、階層別研修を考えるなかで、PHPの研修に出会い、採用しました。松下幸之助氏の考え方がベースになっていることも決め手の一つでした。特に、新入社員や若手社員で効果が高く、受講生には貴重な体験になっていると思います。
金剛産業株式会社 総務部人事課次長 近藤智様(製造業・従業員数185名)

受講者の声

筋道を立てて仕事を進め、振り返りもしっかり行ないたいと決意を新たにした。(運輸業)
若手社員に求められる役割というものを考えたことがなかったので、発見が多かった。(サービス業)
研修の中で皆さんに言っていただいた“強み”と“弱み”を活かしていきたいということを強く感じた。
(情報通信業)

実施要項

セミナー種類 公開セミナー
対 象 若手社員の方々
定 員 18名(1開催1社5名様まで)
期 間 日帰り2日間
総学習時間 14.5時間
税込受講料
59,400円 (本体 55,000円)
※1 昼食、資料代含む
※2 ビデオアーカイブズプラス会員受講料は10%割引となります
※3 テキストとして使用する『[新版]仕事の基本とビジネスマナー』をご持参の場合、テキスト代を差し引いた受講料となりますので、お申込み前にお問い合わせフォームからご連絡ください
会 場 〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)
PHPゼミナールの詳しい資料請求はこちら
聴講できます!お申込みはこちら
公開セミナー・階層別コースの聴講(半日程度・無料)をご希望の場合は、上のボタンをクリックしてお申し込みください。
※セミナー運営の都合でご希望に添いかねる場合もございます。予めご了承ください。

開催日程・お申込

開催予定 お申し込み
東京
第25回:19年 3月19日(火)~20日(水)
担当講師:倉田きたみ
法人 個人
東京
第26回:19年 6月25日(火)~26日(水)
担当講師:倉田きたみ
法人 個人
東京
第27回:19年 8月19日(月)~20日(火)
担当講師:倉田きたみ
法人 個人
京都
第19回:19年 3月 5日(火)~ 6日(水)
担当講師:吉田真知子
法人 個人
京都
第20回:19年 8月22日(木)~23日(金)
担当講師:吉田真知子
法人 個人
開催全日程PDFをダウンロード